1.新しい教養を身につけられる

大学に行くメリットはやはり、『勉強が出来ること』ですよね。子供も大きくなって何か趣味がほしい、という時に通信制大学はおすすめの選択肢の1つです。インターネット等で在宅で勉強出来る通信制大学は家事の合間にも勉強することができ、時間を有効に使うことが出来ます。文系の様々な学科が開講されている他、スクーリングを実施しない在宅だけで卒業出来る通信制大学もあり、ご自身の都合に合わせて選ぶことが出来るのも魅力です。

2.スクーリングで友達が出来る

スクーリングを実施している通信制大学では、実際に大学に登校して授業を受けることになります。スクーリングは夏と冬、夏休みと冬休みのシーズンに行われることが多いです。毎回同じメンバーで授業を受けることになりますので、友人が出来る方も多いです。大学によっては寮に滞在し、生活を共にすることもあります。幅広い層から老若男女の生徒が集まっていますので、今までにない新しい人脈を作れるのも、通信制大学のメリットの1つです。

3.諦めた夢をもう一度追える学科も

教育系や芸術系、法律系等、一度諦めてしまった勉強をやり直せるような学部を開講している大学もあります。一般課程では入学が難しい芸術系の大学も様々な学部で通信教育課程を開講しており、一般課程よりも安価に芸術を学ぶことが出来ます。大学によっては、建築士の受験資格を取得できる建築学科を開講している学校もあります。学士資格の取得や趣味、教養の幅を広げることが出来るのはもちろん、新しい進路の可能性にも繋げていけます。

通信制大学の流行りの学習法は、インターネットを利用したものが多く、何時でも重点的な学習が可能となります。