巨大ワークシートにうんざりしている方必見

エクセルは、表計算ソフトです。セルを基本にデータを入力し行と列で位置を特定、計算式や関数を駆使して思い通りのデータ集計を行えます。とても便利なソフトですので、オフィスでは無くてはならないものです。でも、いつも間にか今井のワークシートが巨大化していませんか?業が増えるのはデータ数ですので致し方ありませんが、列が膨大になってどの列にどんなデータを入れたのかわからなくなっていませんか?そこでこんないアイデアをご紹介します。

見た目をデータベースソフト風にアレンジ

エクセルの巨大ワークシートを使いやすくアレンジする方法があります。関数やVBAの知識が必要となりますがネットを探ればいろいろな例が無料で公開されています。巨大ワークシートに入力するためのシートと内容を確認するシートを追加してしまえばいいんです。全ての項目を一度に入力したり確認したりする機会はまずないと思いますが、ワークシートをデータベースソフトのインターフェイスみたいにデザインして、VBAや関数を組み込んでしまえばいいんです。

これは便利、と思えます。

まず、確認のためのシートは鍵となるID番号を入力するセルと、必要な項目を見出しとともに配置しLOOKUP関数で呼び出せるようにします。巨大ワークシートにつけられたID番号を鍵として、このセルを変更することで呼び出したい行のデータを見ることができます。入力のシートは鍵となるID番号を入力するセルと、必要な項目を入力するセルを見出しとともに配置し、VBAを組み込んだボタンを押すことで、巨大ワークシートに間接的に入力するものです。この2つがあれば作業効率アップ間違いないですよ。

設計の仕事をするためにCADを勉強しなければならない人は、CADのスクールに通うのが習得の一番の近道でしょう。