信用取引とは信用情報に基づいて行われる株取引

株取引に携わると必ず聞くのが「信用取引」という言葉です。これは、株取引を行う人の信用情報に基づいて、資金や株そのものを証券会社や取引所から借りて行われる株取引のことです。「わざわざ資金を借りてまで株取引する必要があるの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、信用取引はその独自の構造と運用方法から現物取引だけでは実現できないような利便性を持っており、またそれにより大きく儲けることができる可能性を持った株取引なのです。

信用取引を行う具体的なメリット

信用取引のメリットは大きく分けて二つあります。まず一つ目は、借りた資金によって株取引の規模を拡大させることができるという点です。信用取引を行うと、金融取引において利益を生む最大の要因である取引規模の拡大が図れます。また、信用取引によって借りた株を売ることで、現物取引では不可能な「売りからのエントリー」ができるようになります。売りから始められるということは即ち、株価の下落局面でも利益を出すことができるということで、単純に株取引で儲けられるチャンスを2倍にすることができます。

信用取引をするために必要な「信用情報」って何?

借金をする際には、借りる人の個人情報や保証人の存在を証明するような信用情報が必要になります。一方で、信用取引を行う上で必要とされる信用情報とは一体何なのでしょうか?これはつまり、「借りた資金や株で損失が出ても、それを補うだけの資金がある」という保証があるかどうかというものです。つまり、十分な損失埋め合わせのための資金が専用の口座に入っているかどうかが、信用取引を行うに当たっての条件になります。この資金のことは「委託証拠金」と呼ばれます。

信用取引とは証券会社からお金を借りて、最高三倍の取引(レバレッジ)や株を空売り出来たりする事です、お金や株式を借りるので金利がかかるのと、ある程度の金額を証券会社の口座に入れておかないと出来ないです。