火災保険は「建物」と「家財」に保険をかける

家を自分で買った人は火災保険に入らないといけないと言われたりしますが、火災保険っていったい何でしょう?火災保険とは、住んでいる家自体(一軒家あるいはマンション)の「建物」と家の中の家具や什器などの「家財」の被害を補償するものです。どちらかではなく両方一緒に入るものです。でなければ、例えば火事で燃えてしまった場合、「建物」にのみ保険に入っていたら補償は「建物」だけで「家財」の部分は補償されないです。家財も生活の一部ですし失くてはならないものですから保険に入りましょう。

火災保険で補償できるものは?

火災保険がカバーする補償にはどういった被害が含まれるのでしょう。最初にパッと思いつくものとしては、「火事」があげられるのではないでしょうか。キッチンやストーブなど日常的に火を使うことがありますし、失火が一番怖いですよね。他には、台風で瓦が飛んだなどの「風災」、洪水などの「水災」、雷で電化製品が壊れた「落雷」などの自然災害はもちろんのこと、「盗難」や物体の落下や車が家に突っ込んでくるなどの事故、水漏れなどの人的災害も補償してくれます。

火災保険と地震保険との違いとは?

火災保険は様々な自然災害、人的災害を補償してくれますが、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災、損壊、埋没等の損害は補償できません。この場合には「地震保険」に加入しなければなりません。また地震保険は火災保険とセットで加入しなければなりません。地震保険の保険金額は、火災保険の30~50%と決められているので、全額補償されるわけではありません。火災保険に比べて保険金額も高めなので、あまり割りに合わないと感じるかもしれませんが、大震災が起きると全てを失ってしまうので、生活再建の一助として必要な保険でしょう。

火災保険は一般的に火災のみでなく、その他の災害などにも対応をします。例えば、水害や風災などもカバーするケースが多く、総合的に家屋を守る役割があるといえます。